シチリアの銘酒を飲む。

先ずはソアベで鰹の漬け丼、次に シチリアのワイン、コルボのデューカエンリコ1990年を飲んでしまった。 健在、これほどまでに濃厚に熟成されているとは思わなかった。 マライーニ、郵便配達夫、カルタゴとの戦いなどなど頭を横切る。

『失われた時を求めて』第三巻を読み終えた。

「私」とジルベルトとの恋愛が始まり、終息を迎えるまでの心の葛藤が実に丁寧に描かれていた。執拗というか、一段落までが異様に長い。 スワンとオデットの結婚への経緯、ジルベルトの生まれなども触れられていない。スワンの影がうすくなってきた。 音楽、…

読みたい!誰にも邪魔されずに・・・方丈記の庵が欲しい。

​ウイルキー・コリンズ 『白衣の女 』『月長石 』 ジョージ・エリオット『ミドルマーチ 』 オースチン・フリーマン 『オシリスの眼 』 フィールディング 『トム・ジョウンズ 』 ハイスミス 『太陽がいっぱい 』 マンゾーニ 『いいなづけ 』 邦人の作家は幸田…

死ぬ間際に何をしている?

朝鮮半島からミサイルが飛んできても本を読んでいるだろう。 他人に魅せる、見てもらうような感想は書けないが、プルースト『失われた時を求めて』は時間をかけてじっくり読む価値がある。何故こんなに沢山の引用が使えるのか、無尽蔵と思えるような知識に敬…

ルナン『イエス伝』を読み始めた。

半信半疑でAmazonに中古のルナン『イエス伝』を送料別の10円で注文した。届いて封を開けたら新品同様の岩波文庫だった。 実証主義で「比類なき人間」と主イエス・キリストを称したために物議を醸し出したルナン。 始めから福音書四書の解析が鋭く説得力に富…

似たような読書体験

『失われた時を求めて』を読んでいたら、似たような読書体験を思い出した。 ピンチョン『重力の虹』だ。主題の展開はさほど感激がなく、名言もなく、気にとめることもなく延々と続くが、引用や比喩が読書を進めるにあったって重要な役割を担っている。 プル…

プルーストは一年がかりに

プルースト『失われた時を求めて』吉川訳、第三巻を読んでいる。このペースで行くと全巻読み終えるのに、後一年はかかりそうだ。 スワン家のアパルトマンが私たちでも住める程度のなんの変哲もない建物だとする破壊思想を、信心深い人がルナンの『イエス伝』…

大森山王、何年ぶりか

大森へ行ってきた。 品川歴史館、鹿島神社、大森貝塚、池上通りを歩いた。 高級マンションが建ち並び、歩いている人の顔立ちも高級そうだった。 大森は東と西ではギャップがありすぎる。ブックオフがなくなって、西友に移転していた。『月長石』『オシリスの…

プルースト第二巻の終わりが見えてきた。長かった。

スワンのオデットに対する恋愛感情が延々と続いたが、結局好みでもなく、好きなタイプでもなければもっと早いうちに諦めろと言いたくなってしまう。 文章は例の如くだらだらと延々と続いたが、たまにはこれは!と思うような文章に出会えた。 ワーグナーの楽…

商店街は個人商店の存在にかかっている。

商店街を活性化するためには個人商店の存在が欠かせない。 大手のチェーン店ばかりが出てきては、その商店街の特色、個性化が薄らいでしまう。 ところが、この個人商店の意識が問題だ。大手のチェーン店はマニュアルがあるからその通り接客すれば良く、だか…

図書館から、欲張りだと思っています。

図書館でウイルキー・コリンズ『月長石』とオースチン・フリーマン『オシリスの眼』を借りてきた。『 月長石』の厚さにびっくりした。『失われた時を求めて』第二巻が後半にさしかかったので、だが欲張りだったかな。プルーストも比喩、慣用句、地口を駆使し…

古典ミステリーの醍醐味

死体を隠していたもの、よくある話だ。樽から出てきたものは、リヴリンだけならまだしも、淡いピンクの優雅なイヴニングドレスを着ている若い女の死体だった。 先ずは英仏の捜査官が活躍し、ありすぎる証拠、完全なアリバイを裏付ける。 なるほど、犯人はこ…

日本郵便のコマーシャルを見て、びっくりした。

何年か前に、荏原郵便局に簡易保険を問い合わせに行ったことがあった。 応対してくれたのはかなりベテランの中年の女性だった。 既往症の段階で、静脈瘤を手術した経験があると話したら、あからさまにいやな顔をされた。勿論受け付けてもらえなかった。 あの…

イエイツ『幼年と少年時代の幻想』を読んで

イギリスの詩人イエイツの子供の頃から、1900年近くまでの交友録が中心となっている。 幻想という題がついているが、それは余り感じられない。彼にとって現実だった。 イエイツの詩で最も好きな『イニスフリーの湖島』の風土や、『ケルトの薄明』の成立事情…

ジョージ・ギッシングに想う

売春婦ネルとの結婚に失敗し、将来を棒に振った。二度目の結婚も失敗している。 以前暮らしていた川崎の団地に、ご主人は日本人で奥さんがジンバブエ出身の家庭があった。数年後、奥さんが亡くなたが、その後一緒に暮らしていた方が、ジンバブエ出身だった。…

本の山、ヒンシュクの山。

一冊を読み終えてから次を読むという習慣をなくしてからかなりな年数がたった。 いまでは最低5冊、多いときには10冊近くを順次読んでいる。 そもそも自分にとって読書とは、どんな本が相性に合うのかが読んでみないとわからない。従って、自分のイスの周りは…

『エッセイの書き方』を読む

13人のエッセイストがエッセイを書く上での心構え、技術を教えてくれる。エッセイとは何かという定義から入るエッセイストが数人いたが、これは定石なのか。必要ないと思う。 これだけの人が書いていると、じっくり読みたいエッセイと、飛ばし読みしてしまう…

フォースター評論集 再感想

信頼は自然な心の温かさがなければ成り立たない。たいていの人には、この温かい心がある。と、フォスターはいう。 残念ながら冷えてしまったことがある。故に、前妻と別れることになってしまった。 信義を守る。自分の明かりだけが闇の中で輝く唯一の明かり…

准看護師事件に思う

千葉県の准看護師が睡眠導入剤をお茶に混入させた事件は、同僚への妬みが原因と報じられ、カインとアベルのことを思い出した。 神は農耕者カインのささげは喜ばれず、牧畜者の弟アベルのささげ物を喜ばれた。 カインはアベルと憎み、殺してしまった。 自分に…

イトーヨーカ堂の売り場雑感

イトーヨーカ堂の売り場を見ると、プライベートブランドが増えすぎて、寒々とした印象を受け、買う気を催さなくなる。食料品売り場ではレジのおばさんのユニフォームまでが、商品のパッケージ色と同じように見える。 個が否定される統制された独裁国家を連想…

イェイツ詩集

今度こそ腰を上げて、わたしは帰りたい、あのイニスフリーへ。 I will arise and go now, and go to Innisfree, And a small cabin build there,of clay and wattles made:

顔が覚えられない・・・

世田谷区のとあるマンションの掃除をしています。 朝一番で、ゴミ出しに来る奥様がいます。「おはようございます」と挨拶をします。 数時間後に、お出かけになるこの奥様にまた、「おはようございます」と挨拶をします。 すると、まるでいやな顔をされます。 こ…

文学講義を聴いてみよう。

うやむやが晴れたというか、 『われわれに影響を与える本とは、われわれが待ち構えている本、そして自分の歩いている道の少し先をあるいている本ではないのだろうか。それどころか、この本なら自分でも書けたのではないかと思うときーーーそのときこそ、影響…

選挙の結果、聖書に立ち帰れ!

ルカによる福音書14節に、 だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。・・・イエスは招いてくれた人にも言われた。・・・宴会を催すときには、むしろ、貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の見えない人を招きなさい。そうすれば、そ…

回想のブライズヘッド 下巻

「ラビ、この人が生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか。本人ですか。両親ですか。」イエスはお答えになった。「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである。・・・」 ヨハネによる福音書9-…

主よ、今日も生きることが出来るのは、あなたの賜物です。

栄枯盛衰は必ずあるのだ。盛ばかりと思っていた自分が恥ずかしい。 『回想のブライズヘッド』『楡家の人々』、架空の話ではない。現実に起きるのだ。 だが、衰を知らずに往生できるのは幸せと言うほか無い。 本を読もう。作家の経歴を知ろう。自らのこれまで…

きんどる~

Kindleを買ってから、かなり経つ。恥ずかしくて正確に言えない。 『本』を開くとサンプルだらけだ。本を開くのだが、じっくり読めない。 『環境設定』を変えて、電車へも持ち込んだがだめだった。 紙の方は、蛍光マーカーで印をする癖があるので、それが出来…

プルーストのはしご酒

先週末、朝起きると頭がくらくらする。すぐ治るかと思ったらそうでもない。食欲もなく、コーヒーとヨーグルトで家を出て仕事場へ向かったが、まっすぐ歩けない。まるで酔っ払ったような状態が2,3時間続いてしまった。 原因を考えてみた。『音楽家プルース…

エッセイを書きたい・・・

エッセイの書き方、発表の仕方、参考文献を優しく丁寧に解説してくれている。 文体は、自分が好きな須賀敦子、幸田文などに比べるとメリハリがなく、文末もピッシッと決まらずもの足らない。文中紹介のあったラムの『エリア随筆』は読みたいと思った。

苦難、忍耐、練達、希望

ローマの信徒への手紙 5ー1~5 1 このように、わたしたちは信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており、2 このキリストのお陰で、今の恵みに信仰によって導き入れられ、神の栄光にあずかる希望を誇りに…

ナボコフ『ヨーロッパ文学講義 プルースト編』を読んだ。

さわやかな暑さ、緑の木々からの風が気持ちよい。 ナボコフ『ヨーロッパ文学講義 プルースト編』を読んだ。 全文を紹介したいような講義内容です。 まず、「全巻これ宝探しであって、宝物は時間であり、隠し場所は過去である」 「全編を通して散歩道二つの散歩…

腕時計電池交換 成功!

Amazonで1000円前後で買えた腕時計、仕事で少々荒っぽく使っても正確に動いてくれたが、電池切れになってしまった。電池交換してもらうと結構高い。同じAmazonで腕時計用電池を480円で買って交換してみた。裏蓋も両方とも案外簡単に開いて、電池の収納場所も…

ジーンズ安かった。

Amazonでジーンズを買った。2680円、安すぎるから少し心配だった。 メーカー品から比べれば難はあるが、価格からすれば良くできている。 ベルトループが足らない分はレザーパッチが補っている。このデザインもシンプルで価格を表しているようだ。一番気に入…

ヨーロッパの詩はやはり英語か

ブックオフで108円、信じられなかった。 ダン、ワーズワス、アーノルド、イェイツ・・・対訳です。 アーノルドの『ドーヴァー海岸』、何度も読んでいます。

ダイナマイト

十字架の言葉は、滅んでいく者にとっては愚かなものですが、わたしたち救われる者には神の力です。 コリントの信徒への手紙Ⅰ 1-18 入信前、過去の自分の姿を顧みると、何という愚かなことを繰り返してきたのだろう、過去に迷惑をかけた人に会ったとき、どう…

この祈り好きです

​ ​ “Oh, that you would bless me and enlarge my territory! Let your hand be with me, and keep me from harm so that I will be free from pain.” Bible Gateway NIVからの引用です。

名作を読むぞ!

たくさん売れたもの、影響を受けたもの、感動したもの、自分の人生に影響を受けたもの、生き方を変えられたもの、名作の基準はいろいろだと思う。 名作に普遍的価値基準はないと第一章から語っている。 金井美恵子『恋愛太平記』の食事場面をバッサリ、谷口…

『火車』宮部みゆきを読んだ。一歩間違っていれば・・・

ローン返済の地獄にあえぎ、そこを抜け出すためには、過去の自分を棄て、新たな自分を手に入れる、手段を選ばない、そんな女を刑事が追う。 マイホームさえ持てれば幸せになれる。そんな願望、幻想が自分にもあった。ローンの返済ができなくなるなんて考えも…

初心に帰る

あなたがたはわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと・・・ ヨハネによる福音書15-16 教会の扉をたたくようにと勧めてくださったのはあなたです。なすべきことはただ一つ、後ろの…

平和をお与えください。復活祭が間近だ。

人を助けようと自らの命を落とす人。幼い命を絶つ人。あまりにも無残だ。 『これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである。あなたがたは世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝手いる。』ーヨハネによ…

英国の近代文学

恥ずかしいのですが、吉田健一は名前とか吉田茂の子供とかを知っていたのですが、その著書を読んだことがなかったのです。今回これ ワイルド~エリオット~イエイツ~ロレンス、ジョイス大好きなウォオ に至るまで 改めてその数々を読んでみたいと欲がわいて…

順番があるよね

春爛漫。クヌギが若葉を蓄え始めた。ケヤキは準備中。 ロラン・バルト『零度のエクリチュール』、倉橋由美子『偏愛文学館』読んでいる。 バルトは1ページ足らずで眠気を催す。倉橋は面白くてどんどん読めちゃう。 どっちがよいのか。読書の春。

用賀の桜

慌ただしく走る車の246号線を越えると、こじんまりした水路に出会った。桜並木も小ぶりで人も少なく落ち着いた雰囲気だった。目黒川の10分の1くらいか。ほっとした風景に感謝した。 アナトール・フランス小説集7螺鈿の手箱を読み始めた、のっけから『ユダヤ…

樹下の宴

昨日は桜の開花が止まってしまうのではないかと思われるような寒い一日だった 。 今朝、起きて窓を開けると、一転して暖かい空気が入ってきた。朝食後の犬の散歩で、近くの公園へ行くと桜の木の下はブルーシートが敷き詰めてあった。 家が密集しているこのあ…

楽しい思い出は、どこへ?

懐かしい思い出集合!と声をかけたら、いやなものばかり集合し、楽しい思い出は一向に集まらなかった。一つ一つの思い出に平身低頭、決して言い訳はしなかった。 全身に冷や汗を感じた。 そればかりではなく、苦難をも誇りとします。私たちは知っているので…

この人に会ってみたかった

もしも、シモーヌヴェイユが今の日本を描いたら、どのような表現をするのだろうか。 もしも、シュライエルマッハーが渋谷を歩いたら、どのように説教をするのだろうか。 『独白』20代、30代、40代・・・と世代を変えて読んで自己を反省していたら、さぞかし…

永遠の命に至る食べ物

朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくらないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい。ーヨハネによる福音書6.27 物欲、出世欲、金銭欲、性欲・・・ふしだらな生活になぜ飽きなかったのだろうか。肉の欲望を捨て去ると、異次元の世界が待っていた…

一度に三つのことを考えるな

主はお答えになった。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアはよい方を選んだ。それを取り上げてはならない」 ルカによる福音書10.41-42 自分はたいした頭の持ち主ではない。一度…

聖書の言葉が身にしみる

マタイによる福音書に あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気がつかないのか。 著名な記述があります。今更それに気づいても遅きに逸しています。過去の人生、仕事においても、家庭にあっても、対人にあっても、もっと早…

カルヴァンから信仰を学ぶ

カルヴァンの生誕から死後のカルヴァンから影響を受けた子孫たちマックス・ヴェーバーも、カルヴァン主義までを解説してある。 『はじめての』という書名で飛びついてしまったが、とくに神学部分の中身はかなり高度で『キリスト教綱要』が中心をなしていると…