そば、新そば、そば~

そろそろか、まだか、新そばの季節が迫ってきている。夏も新そばがあるというが食べたことがない。
紅葉の季節が終わってしまっているのに、中央道を木曾開田高原へ、数年前の10月末頃だった。新そばが食べたいと、古いひなびた旅館風のそば屋へ行った。期待に違わずおいしかった。
これだけで帰ってきてしまったので、一緒に行った女房が怒ること。毎年、晩秋になると思い出すが口に出すのはご法度だ。
夏には信州旅行がてら、塩尻の丸泉でそばが食べたいと早めに出かけるのだが、途中渋滞に遭って、ついたときには売り切れの看板を何度か拝見した。
信州だから、安曇野だから、どこのそば屋もおいしいとは限らない。失望もある。数件気に入ったそば屋を発見した。その中の一つが松本郊外の道の駅、今井の里の食堂だ。だがここも最近は売り切れのPOPが貼り出していることがある。そんなときは駐車場のテントで売られているスイカの試食し放題で我慢するし新たな探索を試みる。

f:id:altakahiro:20160831212245j:plain

写真は穂高駅裏、住宅街の中にあるおいしいそば店です。