妹背山婦女庭訓ほか

f:id:altakahiro:20160906231645j:plain

久しぶりの歌舞伎座でした。重いもの、笑いを誘うもの、華麗なものと変化に富んだ演し物です。
吉野川』は妹背山婦女庭訓の一部ですが、吉右衛門が出るとあって見逃せず、『らくだ』は落語では聞いていたものの、歌舞伎では初めてです。『元禄花見踊』は玉三郎が出るのでこれも見逃せません。
吉野川』は数年前、吉右衛門玉三郎の共演で一度見たのですが、我が子を殺した後の叫びは二人とも圧巻でした。(ここでハリマヤ、ヤマトヤの声が小さい)舞台装置は、前回に比べて吉野川の流れがやや簡略化され、期待はずれでした。
『らくだ』は抱腹絶倒、笑いをこらえるのが苦しいくらいです。板東亀寿の死体演技が肉体労働ご苦労さま好演で、一見の価値ありです。染五郎演ずる紙屑やの九六が酒を飲み、性格が豹変するするところは、もう少し間合いが持てればよかったかなと、今後に期待してます。『元禄花見踊』は百済観音様が舞っているような玉三郎で、鼓連もいつになく良く働いていました。
帰りはミスタードーナツで買い物し、現実に舞い戻りです。