f:id:altakahiro:20160914203918j:plain

感想文を書くのが苦手だ。読者サイトのそれらを読んでいると、素晴らしい解釈、文章ばかりで投稿するのを躊躇してしまう。
読んで感激する本は多々あれど、それを文章にとなるとうまくかけない。
ブックオフで読書案内など買い込んで読んだものの、それを実践せよとなると手が縮んでしまう。
平野啓一郎『小説の読み方』で、ポール・オースターの『幽霊たち』がでていた。小説の主眼がどこにあるのか、内面の追求に重きが置かれているのか、それともプロットの面白さが重視されているのか、読む上でまた面白さが増した。