積ん読

ブックオフのインターネットで本を買いすぎた。
町でブックオフの看板が見えるとつい寄ってしまう。
本を読んでいると、あれもこれも読みたい本が出てくる。
高橋源一郎柴田元幸『小説の読み方、書き方、訳し方』は最悪だ。
途中で読むのをやめたいくらい本への誘惑が待っている。
バフチン『小説の言葉』でブレーキをかけよう。