まとまりがない

笹塚駅前から京王バスに乗り、幡ヶ谷、オペラシティ経由で初台坂下まで乗った。
甲州街沿いの商店も興味津々で、先ずは幡ヶ谷との間のバスケット、幡ヶ谷過ぎての由緒ありそうな提灯や、新しく面白い風景だ。
新国立劇場の交差点を右折して山手通りに入ると、景色は一変、昔の面影はなく、両側は新しいビル群が並び、別の世界に入ったみたいだった。
初台坂下にあるカソリック教会も立派な建物に変わって、幼稚園はその裏側にあったが近くの洗車場はなくなっていた。
あの頃、坂上から坂下にかけてスパンコール状の道路面があったのが何十年前なのだったのか。
本を読むことは先人の知恵を学ぶことでもある。モームの『世界の十大小説』を読んでいてもオースティンを上げたり下げたり面白い。
自分でゼロから始めるよりはその知恵を得ることの方がよほど賢いと思う