読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唇は寒し

M夫人が花壇を手入れしていた。
クリスマスローズはいつ咲くんですかなどと愚問を発してしまった。
「若奥様、最近お見かけしませんがお元気ですか」
数ヶ月前に第二子が生まれ、しばらくお会いしていなかった。
「元気そうですよ。よくわかりませんけれど」
「お嫁さんのお母さんが暇さえあれば来ているので」
と矢継ぎ早に。
ご主人の母上としては憤懣やり方がない言いようだった。
息子さんが住んでいるところと実家が数件しか離れていないのが幸でもあり、
さて、不幸でもあるのか。
ブックオフバーセルミ『哀しみ』を買ってきた。幸いだ。