読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

追い詰められたアラン

マート・クローリィ『真夜中のパーティ』ヘテロセクシュアルなおネエ達の誕生日パーティ。部屋の主、マイケルの友人アランがそれとは知らず訪ねてくる。飛んで火に入るオカマ虫。
ドリス・レッシング、アイン・ランド、ウイリアム・インジ、エドワード・アルビ、テネシー・ウィリアムズ、ジョン・オハラなど知的な台詞のキャッチボールが小気味よい。マイケルの言葉、「そう。芯からくさったカソリック。酔っ払って、一晩中罪を作って、翌朝平気でミサにゆく」が総括しているような気がする。
昔見た映画はスタジオ撮影でマイケルがパーティの準備でクローゼットの扉を開けたときのセーターなどが整然とカラフルに収納されていた。同じ監督がオールロケの『フレンチコネクション』を撮ったのも記憶に残っている。