フォースター評論集 再感想

信頼は自然な心の温かさがなければ成り立たない。たいていの人には、この温かい心がある。と、フォスターはいう。
残念ながら冷えてしまったことがある。故に、前妻と別れることになってしまった。
 
信義を守る。自分の明かりだけが闇の中で輝く唯一の明かりではない。唯一の明かりではない。闇が負かすことのできない唯一の明かりではないことを信じられる。と、フォスターはさらにいう。ヨハネによる福音書からだ。
 
わたしの立法者はエラスムスモンテーニュであって、モーセでもパウロでもない。・・・私は、「神よ、私は信じません。ーーーどうか許したまえ」をモットーとする。と、フォスターはさらにいう。イザヤ書など引用があるのは信仰とは関係が無いのか。
 
人間は権力の座につくとたんに不正直になり、時には頭までおかしくなってしまう。というのも、権力を持つと、まともな正直さではひきあわない世界の人間になってしまうからである。と、フォスターはさらにいう。歴史は繰り返すのか。周りがイエスマンばかりになると、末期だ。
 
寛容の精神は、街頭でも会社でも工場でも必要ですし、階級間、人種間、国家間では、特に必要です。さえない美徳ではあります。しかし、これは想像力はぜったい必要なのです。たえず、他人の立場に立ってみなければならないのですから、それは精神にとって好ましい訓練になります。と、フォスターはさらにいう。想像力が働かない本は自分にとって名作ではない。
 
個人は神が造った立派な存在だと思えるからで、個人を卑小化する見方はすべて否定します。誰かに、取るに足らない一介の個人などと言われたときにはーーー私にはこういう経験がありますがーーーおとなしく聞いてはいけません。だれもがみんな個人なのであり、そのなかにはそういう風にバカにした相手も含まれる以上、こちらもバカにされるいわれはないのです。個人としての自己の重要性を主張するのは、味方の陣営を守ることなのです。と、フォスターはと、さらにいう。
 
われわれに影響をあたえる本とは、われわれが待ちかまえている本、そして自分の歩いている道の少し先を歩いている本なのではないだろうか。と、フォスターはと、さらに教えてくれる。ヴァージニア・ウルフ