ノートパソコンJumper Ezbook 2 Ultrabookが面白そう。

中国製らしいMacBookAirにそっくりな外観が、昔、iPodのパクりが派手なチャイニーズカラーだったのを思い出す。
 
スペックからAmazonでも3万円以下で買えるのは魅力的だ。日本語版にダウンロード、翻訳しなければならないようだが、Windows10のサポートは受けることが出来るのだろうか。
 
ロケットの発祥が中国だったのが、いつの間にかドイツのVロケットなど西洋で発展してしまった。秘伝とか情報公開しなかったところに問題があったのだろうか。ドローンも中国企業が圧倒的なシェアを持っているようだが、まさかそれで終わりではないだろう。
漢字にこだわった文化圏、漢字を継続させなかった文化圏、漢字と平仮名を併用した文化圏。
 
孫子の兵法で沖縄を狙っている中国、確かに黄海から太平洋に進出するには関所みたいに煙ったい存在だが、思うようには行かないぞ。それこそフレキシブルな民族が存在するのだ。