建築ラッシュは続く

5,6千万円もする建売住宅がどんどん建っている。少し広い古い住宅が解体されたと思うと、3,4件の新築が建ってしまう。
 
10年ほど前からずいぶん建ち始めたかと思っていたら、ここのところグレードも上がって、まるで注文住宅のようなものが目にとまる。
 
しかも、あっという間に入居し、1階の車庫には外国車が入っている。この車を見ると建物の狭さがチグハグに感じられる。
 
2階建てのアパートの庭でゴルフの練習をしている。
そもそもゴルフとはステータスのある人々のスポーツではないのだろうか。
子らもチグハグ。
 
私営の保育所の建築も盛んだが、出来上がってみると、ただの白い箱で夢も希望も感じられない。設計屋さん建築屋さん、ただ受注すれば良いというのではないでしょう。数こなしは止めて欲しい。